代表 和喜田のブログ

Blog

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ

補助金のメリットってなんですか?

会計事務所オネスティアの和喜田です。 よくこういったご質問を受けます。 カンタンにいうと3つあります! ①資金調達がしやすくなります! 銀行担当者とも話すのですが、国が認めた計画ですので、採択された場合は 当然融資を受けやすくなります。 一方で結構断られるという話も聞きます。。 (いったいどっちなのかよ!) 国からは各金融機関につなぎ融資を行うよう要請が出ているのですが、 結局は会社の借入・信用状況などのおなじみの「総合判断」です。 なので、採択=無条件での融資ではないことを前提に、せっかくある 会社側のプラス材料をうまく銀行担当者に伝える必要があります! ②投資計画が立てやすい! やっぱり、予定通り進めていくと補助金がもらえますので、計画が立てやすい! ③対外的なPRになります! これ、以外に大きいですよ!積極的にHPや営業トークで取り上げてください。 国が認めた計画ですので。

前回の続き・・・

会計事務所オネスティア税理士の和喜田です。 前回1/8のつづきです。 結局社長は新規事業展開の見直しをして新たな事業展開を 開始しました。(補助金ありきに近い感じといったものでしょうか。) で、現在どうなっているかというと・・・・ 苦しい展開です。。。 経営者の方でもここの考えはいろいろとあると思いますが、 その勝負が「出たとこ」なのか「リスクヘッジをかけたもの」なのか 勝つことしか考えていないのか、 負けること(よい負け方とは言いませんが・・・)を考えての勝負なのか。 ただ、一つだけ言えるのは、今回がもし負けなら悔いが残ってしまうような 気がします。(社長の想いで進められない部分があったので) ちなみに、その計画を主体的に進めた診断士は成功報酬で支払った後は 全くのノータッチで、フォローなしです。 そういうものなのかもしれませんが、このときは補助金の話も 社長が決断して進めたので誰がいけないのかという話にはできないんですが、 正直、こういったやり方をする専門家に憤りを感じがするのと同時に 自分にそういったノウハウが無かったのが残念でなりませんでした。 自分が補助金のことを知る必要を感じたのがこの件があったためでした。 その後、いろいろと研究してノウハウの蓄積ができて今があります。 かなりまじめに書いてしまいましたが、落ちがなくてすいません!

ものづくり補助金について書きます!

はじめまして!池袋の税理士和喜田です。 今日からものづくり補助金についてブログを書くことにしました。 私の仕事は会計事務所ですので、基本的に税務申告や税務相談、 記帳代行が業務の中心です。 ただ、これら業務に加えて資金調達支援も行っており、頻繁に事業計画書 を作成する機会があったこともあり、補助金申請のサポート業務も その延長上なのかなという感覚でいました。 あるきっかけが本格的に補助金申請サポートを開始するきっかけでした。 そのあるきっかけとは・・・・ 実際に私のお客様が補助金申請をある 診断士の先生に依頼したことで大きな損失を出すことになってしまいました。 採択ありきでお客様のイメージとはかけ離れた事業計画を作成し、 見事(というか)採択されてしまったのです。 当然、その診断士にはそれなりの報酬をお支払いしたのですが、 問題は補助金は計画通りに進めないと1円も補助金が出ないということです。 社長は新規事業展開の見直しor事業展開を行わないのどちらかの選択を 迫られることになりました。。 この続きは次回へ・・・・・

トップページ > 事務所案内 > 代表 和喜田のブログ