補助金申請支援サービス業者の見極め(決して同業他社の悪口ではありません。。)

1/23/2019

こんばんは!池袋の会計事務所オネスティア和喜田です。

今日はタイトルのとおり、少し踏み込んだテーマで書きたいと思います。

 

同業批判ですよね。。。

 

このブログをご覧頂く方の多くは、どこに依頼したらいいのかという疑問や不安があると思います。そうですよね、見ず知らずの人に1,000万円の補助金支援と決して安くない報酬を支払うことになるわけなので当然です。

 

というオネスティアも同様に怪しい組織と思われているかもしれません。。それはそれでいいんですが、、

 

最初にお伝えしたいのは、オネスティアが一番ということではありません。それぞれ相性があると思ってます。そのあたりの依頼するにあたっての判断基準としてご覧頂ければ幸いです!

 

1、本当にもの補助申請をしているのか?

 当然ながら私もサイト立ち上げの際に他がどのようなことをしているか見ています。昔から支援されているところや有名なところはよいのですが、中には「補助金採択率95%」や「昨年も10件の支援あり!」と書いてあるところもあります。

本当でしょうか?世の中にはもの補助以外にも補助金があり、それらを合算しているのかなというところもあります。あくまでも自己申告ですからね。。ケースによるのですが、本当に自前でやっていれば、過去の採択一覧で支援事業者として載っています(銀行経由で影武者になっている場合もあります。)のでそのあたりも聞いてみるのもありです。

 

2、質問に明確に答えられているか?

 先ほどと一緒で近年参入してくる専門家が多くなりました。内情として受注だけして外注出ししているケースも知ってます。本当にその人が事業計画策定をしていれば答えることができるはずですので、ズバズバと質問して様子を確認してみてください。

 

3、フィーリングが合うか?

 最後はここかなと思ってます。実際に電話でのやりとりで判断して頂くことがよいですよね。横柄であったり頼りなかったりと思ったその直感は信じたほうが良いです!

 

★★ものづくり補助金早期割引実施中です!!(1/25まで)★★

詳しくはこちらから

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ