補助金公募の事前予告(今年は早いかも)

明けましておめでとうございます!

池袋の会計事務所オネスティア和喜田です。本年ももの補助支援に

力を入れていきますので宜しくお願いします。

さて、12/28に概要をお伝えしましたが、その概要を紹介している中小企業庁HP

に「補助金公募の事前予告」がございました。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2018/181228mono.htm

このなかで、『採択発表を速やかに(可能なら年度内に」)行う』をあります。

年度内というのはH31.3ですので、平成24.25年度補正で行われた一次公募の第1回・第2回締切りのようなものかと思います。過去、一次公募第一回が公募開始後10日くらいで締め切られていて、早々に採択発表がありました。

意図としては、『事業実施期間を可能な限り長く確保する観点』という記載のとおり、前回H30に実施したときに、建機機械などの納期が補助事業期間に間に合わないというケースが多発したため、こういったことへの対応があると思われます。

予測スケジュールですが、

公募開始:2月上旬~

一次公募第1回締切:2月中下旬⇒採択時期:3月下旬

一次公募第2回締切:4月中旬⇒採択時期:6月上旬

二次公募:7月以降

採択率についてですが、

今年も全体的には例年通り30%~40%台かと思いますが、一次公募第1回締切りは少し採択率が上がると思います。事業計画作成が間に合わないことにより応募数がさほど伸びないのではないでしょうか。逆に第1回締切りにしっかり準備できればということになりますので、確実に採択されたい方は気にされてはいかがでしょうか。

★★ものづくり補助金早期割引実施中です!!(1/25まで)★★

詳しくはこちらから

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ