もの補助2次公募小規模型は設備投資のみです!(1次公募との違い)

こんにちは!池袋の会計事務所オネスティア和喜田です。

1次公募との違いという大きな点でいうと3つあると思います。

①補助事業期間と完了報告期限が一緒

 1次公募は例えば一般型ですと補助事業期間終了後約1ヶ月までに完了報告することになっていましたが、2次公募の場合、完了報告期限までも一緒となりました。

 これは、補正予算執行の関係で3月までに終了させないといけない理由からだと思われますが、要は全てを交付決定から約3ヶ月で終わらせないといけない非常にタイトな日程ということになります。

②小規模型が設備投資のみ

 1次公募は試作開発区分として外注費、委託費等の経費も対象としていましたが、2次公募は機械購入のみのシンプルなものが対象となりました。これも期間がタイトということが理由なのかもしれません。

③審査項目で小規模企業者への優遇が無くなる

 1次公募要領の審査項目で「小規模企業者の実態に見合った審査を行います。」との文言がこの2次ではなくなっています。

具体的には、財務面として最近が赤字であっても比較的計画がしっかりしているものであれば点数をとれていたのが、厳しくなってしまうなどでしょうか。

ご注意ください!

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ