もの補助2次公募について①(加点項目である先端設備及び向上計画)

こんばんは!池袋の会計事務所オネスティア和喜田です。

もの補助2次公募の審査加点項目について説明します。

◆先端設備等導入計画の認定

 ・ご存知でない方はこちらをご覧ください。(もしくは検索)

 ・今回の2次公募にあたっては、「必須」です。理由はみんな出す、

  加点が大きい、だから出さないと落ちる可能性が高いです。

  (実際1次公募のときはまだ法律が施行されていませんでしたので

   とても不透明でしたが、ここで合否に差がありました。)

 ・弊所でも既に3件提出し認定を受けていますのでノウハウはあります。

◆経営力向上計画の承認

 ・ご存知でない方はこちらをご覧ください。(もしくは検索)

 ・今回の2次公募にあたっては、「必須」です。理由はみんな出す、

  加点が大きい、だから出さないと落ちる可能性が高いです。

 ・弊所では3年前から現時点までで25件ほどの同計画の支援をしております。

◆経営革新計画の承認

 ・H29.12.22以後の申請承認が対象

 ・弊所では手間等考慮し、おすすめしていません。

◆総賃金1%増加表明

 ・表明して頂くことを進めています。申請時は会社の表明でOKです。

  実際、業績により増加が難しいこともありますが、未達成でも採択が

  取り消されることはありません。

◆小規模型に申請する小規模事業者

 ・該当するのであれば

◆平成30年7月豪雨対象地域

 ・罹災証明書があればかなりの確率で採択されるみたいです。

【まとめ】

弊所支援先様にも毎度お伝えするのですが、補助金は競争試験です。1点でも多く獲得することが重要ですので、取れる加点はとにかく狙ってください。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ