先端設備等導入計画の件(パート2)

3/9/2018

こんにちは!東京池袋の会計事務所オネスティアの和喜田です。

 

ここの話は必ず質問を受けます。

でも、「一言でいうとリスクなので現時点ではお勧めしていません」とお話しています。それでもやりたいならお手伝いしますというのが、私のスタンスです。

 

ただ、お客様にとっては補助率が2/3になるからできればやりたいというのも良く分かりますので、個々に話をさせて頂く感じです。

 

ちなみに、先端設備等導入計画については以前お伝えのとおり、国が公表しているのはこれだけですね。

http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2018/pdf/zeiseikaisei.pdf

(平成30年度 経済産業関係 税制改正について 平成29年12月)

これのP9で税制改正がらみの一つとして触れられています。

 

一方、今回のもの補助の公募要領P3で書かれているとおり、3月中に実施予定の市区町村が公表されますが、うわさによるとこの計画受け入れ開始は6月以降とのこと。ということは、この計画承認を受けないと補助事業を開始できないので設備導入時期が8月以降というなる可能性を含め、計画申請を検討しなければなりません。

 

あと、分かっていることは対象資産ということでいうと、ソフトウェアは対象にならないと思います。システム開発を予定されている方は、この話は気にされないで進めてください。

 

最後に、立場的にはあまり踏み込んだことは言えませんが、責任問題なしに考えたら・・・詳しくはお電話でおねがいします(笑)

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ