市場規模がない場合はどうしたら

会計事務所オネスティアの和喜田です。

本業は会計事務所でして、税務調査対応などありまして

更新が遅れてしまいました・・・。

さて、ものづくり補助金ですが、ようやくというかやっと募集が開始されるようです。

いろんな情報が集まってきていますが、ここまでくれば正式な発表を受けて、

ご案内できればと思います。

今回のテーマですが、事業計画で登場してくる項目「市場規模」についてです。

この間、お客様からこんな質問を受けたました。

「行おうとする計画について市場規模が見つからない。どうしたらよいか?」

私も悩みます・・・・。

例えば、印刷業や建設業、製造業などの比較的成熟した業界であれば

参照とする市場規模が拾えるのですが、新しい試みは”ない”。

ちょっと横道にそれますが、なぜ「市場規模」が必要かというと

当然、最終的には商品化して収益を獲得するものでないと国としても

支援する意味が薄れるため、想定するマーケットがないものには補助金は

出せません。(税金を活用して、最終的に国が活性化するものにお金を出したい!)

解決方法、、、

自分で作ります。苦笑。。。

もちろん空想で適当に作成するのではなく、大手コンサル会社の面接でも登場する

「ファルミ推定」を用いていくことになると思います。

ふぁるみすいてい・・・・

私も詳しくありませんので(笑)、、詳しくはグーグル先生に聞いてもらうとして、

何かしらのベースとなる指標から想定する市場を描いていくんです。

だから、絶対に「未回答」はやめてくださいね!配点が来ませんので。。

大事なのはその項目で満点をとることではなく、確実に平均点を取ることです!

★ものづくり補助金専用サイトあります。

http://subsidy.honestier.jp/

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • 会計事務所オネスティアFacebookページ