小規模事業者持続化補助金

トップページ > サービス案内 > 補助金申請について > 小規模事業者持続化補助金

小規模事業者を対象とした「小規模事業者持続化補助金」(平成29年度補正予算事業)の公募が3月9日から始まりました。

販路開拓に!

対象となる経費の一例

ホームページ制作

チラシ

店舗内装工事

展示会出店費用

在庫・経理ソフト

...その他各種経費

最大100万円の補助金が出ることをご存知ですか?

そもそも「小規模事業者持続化補助金」とは?

「小規模事業者持続化補助金」は、国から中小企業へ支給される補助金です。
補助金では珍しく、ホームページ制作やチラシ制作、インターネット広告への補助金がもらえる制度になります。

​補助金概要

①補助金対象経費:平成30年7月(採択後)~12月に支払った販路開拓のための費用の3分の2

②補助上限額:原則50万円。新規の雇用や賃上げを実施する場合には100万円

③締切:平成30年5月18日(金)※当日消印有効

​④補助対象者:小規模事業者(製造業は常時雇用する従業員が20人以下、それ以外の業種は5人以下)

開発費

外注費・委託費

採択実績

全国の平均採択率は30%程度です!

オネスティアは常に高い採択率を保っています!

誰がやっても同じでも、優れた会社だったからでもありません!

採択される申請書にはコツがあるんです!

採択されるコツを知らずに、記入例などを参考に作成しても採択されることはほとんどありません。また、通過するためには、認定支援機関の全面バックアップが応募要件となります。

ちなみに補助金全体では、昨年の申請通過率は約32%でした。

採択されるコツは?4つのポイント!

​補助金の審査には審査項目があります。そのため、審査項目を無視した申請書は採択されません。例えば、8個審査項目があった場合には、8個の審査項目でいかに得点を落とさないか、網羅的に得点がとれるかが重要になります。

採択されるためのコツとハウツー

1

ヒアリング〜計画立案〜記載〜校正および提出までの全行程を対応!

代表の和喜田が提出まで対応

2

他社の成功事例についても、常に情報収集し、傾向分析と対策を行っています。

傾向分析と対策

3

審査経験者である中小企業診断士2名と提携し、審査官の観点からレビューします。

審査官の観点からレビュー

4

まずは無料相談をお申し込みください!

無料相談お申し込み

他の会社に頼んでも同じでしょ?

「それじゃ、うちで頼んでいる税理士さんに頼んでも一緒だよね?」 「近所の税理士事務所に聞いてみるよ」…

 

そう思いますよね。税理士さんなら大丈夫でしょうと。

しかし、そういうことではなく、やはり申請をした経験が必要になって きます。

 

それでは、他社と比較して、オネスティアのどこがいいのか!!

他社との大きな違いは3つ!

受託件数を限定し、1件1件に集中することで『確実に採択される計画』。
昨年度の受託件数6件、今年度も4件について、採択されました!

受託案件数を限定し、確実な採択へ!

1

仮に不採択の場合も、再度計画内容をブラッシュアップのうえ、次回申請します。

その場合の着手金は不要です。

一昨年度までの採択受託件数は10件、昨年度も1件採択されました!

2

自信を持ってお客様へ支援するためには、まずは弊所自身が応募し採択されるべきと考えました。計画立案から補助事業活動終了までの全ての項目を経験したことで、同業他社の支援機関では分からない情報(ちょっとしたノウハウ)を提供致します!

オネスティアも実際に応募し採択されました!

3

公表されている計画書サンプルどおりに書いたら・・・

下記は、商工会議所ホームページで公表されているサンプルと実際に私どもが採択された計画書を比較したものです。ダウンロード様式ですと、さほど記載するページを求められていないように感じますが、実際採択されている事例は、見栄え含め画像を多く使用し充実した内容です。

日本商工会議所 補助事業計画書サンプル

こちらが商工会議所ホームページで公表されているサンプルです。

スマートフォンでご覧いただく場合は、画像をクリックすると拡大されます。

オネスティアが応募し、採択された計画書

こちら実際に私どもが提出し、採択された計画書の一部です。

スマートフォンでご覧いただく場合は、画像をクリックすると拡大されます。

いかがでしょうか?

毎日、ご自身の仕事をしながらでは、申請書作成のための十分な時間を取ることは難しいのではないでしょうか?補助金を活用したいのにしっかりと計画を作り込むことができないという方のため、オネスティアがトータルサポートいたします!

サポートの内容

計画の立案から補助金の申請(郵送)まで、トータルでサポート!

オネスティアでは、「小規模事業者補助金」の申請書作成だけでなく、申請から郵送手続きまでお付き合いさせていただきます。
もちろん、採択後の資金繰りについてもお任せください。

採択後の資金繰り(つなぎ融資)についてもサポート。
取引のある日本政策金融公庫その他金融機関をご紹介いたします。

経験値のある専門家の力をご利用ください。

これまでの採択事例もお見せできますので、まずは無料相談をご利用ください。

補助金申請は実績と確実性の

オネスティアにお任せ下さい!

​お気軽にご連絡ください!

無料相談お申し込み

和喜田の

補助金ブログ 

更新中!

詳しくはこちら >>

料金について

着手金を頂くからこそ、時間を十分にかけることができます!

着手金0円の完全成功報酬制の支援会社もありますが、弊社では着手金を頂くからこそ、責任を持って支援に取り組むことができると考えております。

補助金支援サービスに関するQ&A

計画書申請までの流れ

お問い合わせ

無料相談お申し込みボタンから、補助金の問い合わせを受付けております。

ヒアリングシート
ご記入

ヒアリングシートにご記入いただきます。

電話ヒアリング

ご希望の補助金に該当するか、詳細をお電話にてお伺いいたします。

計画書作成

ヒアリングをもとに、企業の想いを計画書に反映いたします。

計画書申請

計画書の申請を行います。ヒアリングから計画書申請まで約2週間かかります。

無料相談お申し込み

​お気軽にご連絡ください!